FC2ブログ

「平清盛展」感想~やっぱ清盛はええ大河じゃ~

今日は「平清盛展」広島最後の公開日でした。
まず入口にどんっと置かれた鎧。
紺色の威しなので腹巻タイプとは違って
どっしりとしており重そうです。
それと驚いた事に鉢金がとてもきれいな丸い形で
戦国時代と変わらぬほど高い技術が伺えました。
一体誰の鎧なのかと説明板を読むと
「平重盛奉納」。

おお!小松殿じゃああ!!

と感動がこみ上げてきました。
棚守さんの覚書や瀬戸内海に伝わる島の話から
小松殿は平氏一門の中で一番好きになった方なので
感動が一塩でした。
この小松殿は隆元と同じく不憫な長男で
いい人なのにマイナーでもっと知名度広がってほしいと
思っている方です。

で、冒頭には平氏一門の栄光への道が1000年近く前の自筆書状や
当時の記録などから説明してあり、普段絶対公開されないようなものだろうなと
展示ケース前で10分待ちしながらじっくりと堪能しました。
さて、まず清盛さんのお祖父さん、正盛さん。
かれは出雲守といい、
出雲で兵乱を起こした源義家の嫡男を討伐し
功績をあげたようです。
ひょっとしたら安芸守に清盛が任命されたのは
正盛さんが中国地方に縁があったのも関係するのかと思いました。
展示説明をざっと読んだところ
清盛が安芸守になった時に貴族から猛反発が起こったそうです。
安芸は律令で上国にあたり、
それまで武士が上国の任官になることはなく
貴族にあらずば人にあらずと思っている貴族達には我慢ならないことで
妨害工作を行おうとしたが全て未遂に終わったそうです。

まあ、「逃げる公家媚びる公家」からするに
武士に政権を奪われて何百年しても
武士は犬
ときっぱり言い切っている貴族もいるぐらいですから
武士である清盛が貴族と並ぶというのは
本当にものすごいことだったんだなと思います。

なので父・忠盛が殿上人となり
御存じ大河でもあった舞いの場での嫌がらせは
本当にあったことのようです。
・・・えげつない。
その忠盛ですが
貿易で潤った金で貢いだから崇徳院の近臣になったのか
と思っていたんですが
彼は歌人としても優れ
崇徳院の歌会にも誘われていたそうです。
なので彼は教養溢れる人間で
だから崇徳院にも気に入られたんだと思います。
しかし実力よりも家柄がものを言う時代で
結局祖父・父と政治の中枢に上がっていく階はあったのにも関わらず
清盛が公卿として政治に参加できたのは43歳。
意外と遅いのに驚きました。

あと見ていてあれ?変じゃない?
と思ったのが平氏の隆盛の編成図です。
今図録で再度確認したんですが
安芸が入ってない・・・。
え?え?え?なぜ?
とものすごく疑問です。
実際調べてみると久安2(1146)年に平清盛が安芸守になってから
源氏に滅ぼされるまでの10年以上安芸守になっていたのに

なぜ安芸を入れてない!!!

とかなり不満でした。
実際、最後の清盛ゆかりの紹介の場所も
音戸の瀬戸とか宮島なんか全然取り上げていなくて

宮島と音戸なくして清盛を語るなかれ!!

と少し残念な気持ちでした。
他所の清盛関連の遺蹟の中でも最高級のものは
全て安芸にあるのになあと思います。
その一つがいうまでもない平家納経。
なのに何で模本を持ってくる!!
いや、まあ本物もありましたけど・・・・。
本物よりも摸本のほうが銀砂が輝いていて綺麗でしたけど
なんかなあ・・・。
普段本物を観ている身としては
なぜ広島でしていてわざわざ他所から模倣品を持ってくる?
とすごく疑問でした。

あ、でもよかったものたくさんあったんですよ!
平家納経で私が一番好きな観普賢経があったんです!!
これ紺色の紙に金字で書いてある平家納経にしては
とってもシンプルなものなんですが
この渋みがなんともいえん!!
いやあいいもの見れたと説明みたら
これ全巻そろっているものでなく一巻は流出
開経とよばれる部分は名物切として流出。
・・・・。
おおい!!国宝切るなあ!!!
まあゆうてもかなり昔の話で
有名人の手紙などを切りとって
名物切れとして珍重する風習があったようです。
一度宮島に賊が入っているからその時にでも
流れたんでしょうか・・・。

あ、あと他のお宝もすごかったです。さすが厳島!
もとが木とは思えないほど薄く削られた檜扇とか
黒漆にきらりと小さくきらめく螺鈿細工が見事な箱とか
普段宝物館でも観れないものがようけえありました。
そのなかに「棚守房顕覚書」が。
え?え?本物!?
と周りの皆さんが厳島神社の模型へと流れる中
一人流れを止めて食い入るように読んだんですが
本物でした!
なんというか会いたかった人にようやく会えたような
願わくは一度話をしたいなあと思っていた人なので
現物を観て感動のあまり動けませんでした。

そんなこんなで平清盛展
よかったです!

そして今日帰ってみた大河!
もう気づけば涙がぽろぽろでてきて
ああやっぱりいい!
展示見ようたお客さんが
「視聴率が悪いのはなんでかね?
 ええドラマなのに。」
「視聴率なんて関係ないよ。
 私達が観ればそれでいい。」
と話されているのを聞いて
まったくその通りだと思いました。
会場には多くの子どももいたんですが
どの子も飽きずに騒がずに静かにみていて
食い入るようにみている姿から
人は人、自分がよいと思えるものを良いと言うことが
大切なんじゃないかなと思いました。
と視聴率について考えてみました。
スポンサーサイト



広島の一本桜・那須与一ゆかりの地

要害桜が観に行きたい!
と去年から思っておりまして
今年こそは!!
と燃え立つ思いで両親に連れて行ってと頼もうと
昨日必死に調べたのです。

この要害桜は亀山城という城跡にある
樹齢数百年の大きな一本桜で
広島県で2番目に大きな桜の木なんです。
なので、山城と併せて花見もできる
素敵スポットなんですが・・・。
昨日開花したばっかりだそうで
見頃は来週あたりらしいです・・・。
仙台でさえ18日は開花したというのに・・。
まあ道後山の側なんて気候とか東北ですけどね。

というわけで要害桜は来週に取っておいて
今回は戸河内の与一野の一本桜を観に行きました。

与一といえば那須与一!
屋島の合戦でこの扇を討ってみよと
平家の女房が船で進み、
それを見事討ち落とし
両軍から喝采を浴びた弓の名手です。
しかし、この後、敵とはいえ
その見事な腕前を称して舞っていた女房を撃ち殺して
源氏の田舎武者振りをみせた事が知られたため
頼朝に嫌われ、せっかく得た領地も手放して
放浪の末に亡くなった方とされています。
とはいえ、一番史料性の高い吾妻鏡にその名が残らず
平家物語などの後世の軍記物のみに現れるので
存在自体怪しいんだそうです。

さて、この与一野ですが
ここはその那須与一が隠れるように住みつき
開墾したことに因んで与一野という名がついたそうです。
一本桜の奥にいけば
与一の墓と伝えられるがあるんだそうですが
与一の墓とされるものは全国にあちこちあるそうです。
ただ、この与一野は鎌倉時代からこの名になったそうで、
安芸は平家の根強い地であったことを考えると
源氏からも嫌われ、行き場のなくなった与一が
両方から隠れるように住んだとされても
不思議はないぐらい奥まった集落です。

で、桜ですが

続きを読む

2012宮島清盛祭りとまつけん(サンバじゃないほう)

ちょいとブログが固くて何かこうもっと読みやすいように
「元就。」を目指してあれぐらい遊びんさいと言われたんで
ちょいと今日はあっさり受け口のよい塩味テイストで行こうと思います。
じゃけえ、元就公なみの広島弁トークとゆるさでいこう思います。
うん、すでに路線が妙になってきていますが
ええです。行くでがんす!

・・・・。

で、昨日の話なんじゃけど清盛祭りを観に宮島まで出かけました。
天気予報はくもり言うとったけえ宮島じゃし晴れるじゃろうと
高をくくって行ったら厚い雲の下、小雨のぱらつく天気でした。
はあ、まあしょうがないかと小糠雨の中、宮島口についたんですが
はぁ人のようけぇおることおること。



しかし、こうも自分の家紋が並んでると
何だか嬉しくなります。

SN3U0014.jpg

いうても女紋の代表紋じゃけえ
平家揚羽紋はめずらしゅうないんですけどね。

で、このマイ・家紋ロードを通って
清盛祭りのメインである平安時代の行列まで
1時間はあるのに、はぁ人だかりが出来てから
このまんまじゃ観られんようになるわ、
と前の方を陣取りました。
今回は特別ゲストとして平清盛役の
松山ケンイチさんが来られるいうんで
みんな気合いを入れて待ってるようです。

余談ですが、友に
「明日の清盛祭りでマツケン来るんよ!」
と言うたら
「サンバのほう?」
と真顔で聞かれました。
うん、今は暴れん坊将軍様はマハラジャじゃけどね。
カープで言う前田並みに互いに有名で
どっちか分かりにくいけどね。
サンバはありえんじゃろう。友よ。

で、えっと待たされて、
言うか待っとったんわ自分なんじゃけど
時間が近づくに連れて行列に参加する人達が並び始めました。

SN3U0017.jpg
SN3U0018.jpg



稚児行列に続いて武者行列が出てくるんですが
贔屓目か敦盛役の人が5割増しでかっこよう見えました。

でいよいよ待ちにまったオープニングです。
まずは琵琶による平家物語。
で、清盛美少女隊・・・。
ううん、歌とかしょうたけど
今回はマツケン目当てのおばちゃまや姉さま方が中心じゃったけえ
ああいうノリは白けてしまうんですよね。
そもそも、観光で盛り上げるなら
男性よりも女性にターゲット絞ってやるべきなんですよ。
旅行ツアーとか参加すると7割女性、
男性は夫婦同伴の片割れが多いんです。
そういうこと考慮して観光政策するべきじゃと思うんですが、
全く観ていると手ぬるい。

というのはさておき、いよいよ
マツケントークです。
アンプを舞台前に出すというミスセッティングにより
見えにくい中でおばちゃまやお姉さま方が
シャッターチャンスを求めてカメラ待機!
いよいよ舞台上に上がると大きな拍手がおきました。
で、松山さんの大河にこめる思いとか
今とっているロケはもう平治の乱で
すきかってにしていた清盛が
棟梁として人をまとめていくようになる変化に
悩みながらも役作りをしている等、話をして下さいました。
今回の大河のプロデューサーの方が一緒に
トークされたんですが、
この方「坂の上の雲」も担当されており
ああ、それで大河史上初の海戦が呉でできたのかと思いました。
瀬戸内海を知らんとできないことだなあと
常々思っていたのでこのプロデューサーさんの思いに本当に心打たれました。

で、いよいよ行列開始!
どうせなら回廊で清盛の時代に思いを馳せたいなと
猛ダッシュで厳島神社へ!
で、回廊でぼうっと景色を見て心の洗濯を行っていると、
急に前が通行止めになり、
え?え?なに?
と首をのばすと何と松山さんが参拝に来られました。
さっきの舞台よりも俄然近くて
ほんまに目の前を歩いていかれました。
で慌てて、カメラをとったんですが

携帯じゃけえズームできん!

うあ、ぶち近いのにと後悔しました。
じゃけど、もし自分だったら嫌じゃろうな。
歩くたびに人に見られてカメラのフラッシュがまぶしいんわ。
と思ったので帰りは撮らずに過ぎ去るのを見送りました。
芸能人は大変じゃなあと思います。ほんまに。

で、さりげなく清盛行列が到着。

SN3U0023.jpg


この稚児行列、ほんますごい人数でした。
衣装もとってもきれい、
というか宝冠は神楽のアマテラスによく似ています。

で、次に武者行列。

SN3U0028.jpg

平家は一族間の結びつきが強く
参加しているのは全て平家一門です。
一族の結束は強みでもあり、弱みでもあったそうです。
でも平家に勝利したのに、一族間で覇権を争い、
母でさえ子を殺めた源氏よりも私は平家の方が好きです。

あ、で鎧ですがやは色々糸縅よりも
草ずりが大きく、箱みたいでした。
他にも無い部分がいっぱい。

SN3U0031.jpg


ちょいとぼやけてるんですが
ほんまに平安時代に公家が宮島参拝しとったときは
こんなに雅じゃったんだろうなと思いました。
っていくか、元就の時も宮島ロケしたんじゃけえ、
清盛こそ宮島ロケすべきじゃろう思います。

で、物詣姿の女性。

SN3U0036.jpg

SN3U0037.jpg

SN3U0042.jpg


白拍子。直衣と続きます。

SN3U0034.jpg

SN3U0041.jpg

SN3U0038.jpg

SN3U0039.jpg


いやあ綺麗だったと大満足して
本殿へお参りし、
いっつも忘れていた朱印帳を今日こそは!!
と出して書いてもらいました。
すると同い年か少し上くらいの方が横で連れに
「あれ何?占いなんかね?」
・・・。
ええ?朱印帳知らんの??
と内心驚いたんですが、
まあ私も芸能関係疎いし知らん人もおっても不思議はないんですが
ううん・・・。
まあ平たく言えば元祖スタンプラリーなんですがね。
で、普通京都だと初穂料として1000円とか500円とか
取られるんですが、なんと
「御志は自分の好きな金額で。」
といわれました。
ええ?それって10円でもいいってこと??
と思ったんですが安芸の一の宮なんですから敬意を込めて払うと
「多く頂いたので」
とパンフレットとしゃもじを頂きました。

厳島神社ってパンフレットあったんだ!?

いや、数えきれないくらい参拝していますが
初めて貰った気がします。
それとしゃもじは限定の干支しゃもじ!
ほんま運がついてました。

でその後うろうろとした後
フェリーに乗って帰ったんですが
うん、良かったです清盛祭り。
今年で8回目、来年も行きたいと思います。

で、今回「元就。」目指して文を書いたはずなんじゃけど・・・
ううん・・・。

大河・平清盛第6話感想~海賊王より忠海の強さ~

よし!海戦きたあ!!
とばかりにワクワクとビデオを再生です。

しかし、宋船って大きい!
清盛達が載っている船も長さ6mと
決して小さくはないのに圧巻です。
現在グリーンピア安浦に今年いっぱい展示されているので
夏には観に行きたい!
しかし、これだけ立派なものを作ったのに野ざらしは勿体ない。
いっそ清盛館でも建てて屋内展示すればいいのにと思います。
まあそうはいっても予算がないのでしょうが・・・。

あ、あと画面が暗うてよう見えん!せっかくのワイヤーアクション一瞬でよう分からんかったじゃろ!
もう、じゃけえ余計な加工はせずに
シリーズのあれでええんよ!
とまたもや思いました。

で、あれ?まだ清盛人質にならないの?
と思っていたら傅役が!!
そして船をこぎ出して高階さんが乗ってくるんですが
貴族らしく偉そう。
何だか貴族が貴族らしく偉ぶっているのに
最近何ら違和感を覚えなくなりました。
多分今まで中世になって貴族の権力が下がった時代ばかりだったから
こんなに偉そうなん?
とはじめは思っていたのですが、
よく考えてみれば全盛期の名残の彼らは
それこそ貴族にあらば人に在らずの扱いで当然だったでしょう。

あ、でどうでもいいですが、
月光の感じをフィルター補正かけてるのはいいんですが
煙がうざい!
邪魔!
なぜ瀬戸内海で冬でもないのに霧がでる??
なんかもっと役者さんの演技をみたいのに
今回は無駄に演出しすぎてかえって邪魔でした。
そもそも神楽だって煙は一瞬だけ立ち込めるからいいんです。
あれがダラダラ流れっぱなしだと
よう見えんでイライラします。
演出ってのは常に観客目線で考えて
ここは風景で主人公の心情を
ここは役者の演技の魅せ所ともう少し映像に差をつけて欲しいです。
うん、だからシリーズ平清盛のあれでいいのにここ。
とまたも思いました。
しかし、月光の感じはよく出ていたので
情景としては好きです。

で、熱田神宮。
へえそういう関係だったんだと
初めて知りました。
いや源氏の関係の神社だとは思っていましたが
なるほどと。

そして舞台は切り変わって
一体どこから湧いた?
と謎の一味にようやく捕まりました。
さっきから時々字幕が入っていたので
何でだろうと思っていたら相手は宋人だったんですね。
そしてようやくでてきた兎丸。
海賊王という言葉を聞くと某ひとつながりの宝を思い浮かべますが
藤原純友の事を考えると決していなげな言葉ではないです。

で、物語ではいいかんじで兎丸と清盛が
話し合っていて、ああ、この流れであの決闘に行くのかな?
とめでたしめでたしと思っていたら
清盛がここで因縁の相手だと分かって爆発。
しかし今までと違って、捕まった後に
しまった!
と自分で反省しており、ああ、成長していると思いました。

そして平氏一族の会議ですが
今まで対立ばかりしていた叔父さん忠正が
自ら行くと宣言したりとしっとり場面で
いざ決戦に。

いやあ先ほどと違って強い!
平氏はどんどん追い立てています。
で、兎丸と清盛の一騎打ちがついに!
しかし、こんな険悪な打ち合いで
あの友情の場面にとうやったらなるんだ?
とハラハラしながら見ておりました。

お互い父を亡くした思いをぶつけあい、
そして最後に清盛の宋剣が兎丸の顔の横に打ちおろされ
え??
ひょっとして討伐したん?
と思っていたら、そうかそうくるかと思いました。
そしてようやっと友情の握手。
曲も何だかフィナーレという感じで
何かこのまま物語終わっても差し支えない
というほどすっきりした終わりでした。

そして最後の清盛の
「俺は海賊王になるぞ!」
「をー!」

めでたしめでたし。

と映画でも見終わった気でいたら
紀行で「広島県竹原市」が!
ふうん、今日は何だろう
たまゆらでもとりあげるん?
と思っていたら、
清盛が娘の安産のためにたてた地蔵が。
河野通直のお墓ともにここも訪れようと頭にメモっていると
ナレーターが
「この地の忠海という地名は
 平忠盛がこの辺りで海賊討伐をした事に
 由来します。」

え?そうなん!!?

忠海(ただのうみ)ってそういう由来だったんですね!?
てっきりこの海賊討伐って伊予のほうかと思ったら
安芸じゃったんじゃあ。
と二度びっくりです。
なんというか衝撃が大きすぎて
興居島ロケがふっとんでしまいました。
平氏関連も調べたら残っているものだと
改めて思いました。

大河「平清盛」第5話感想~よっしゃ海賊退治ってあれ?~

いよいよきた!
瀬戸内海戦じゃあ!!
とわきわきしながらスイッチです!

で、今回は平五朗の誕生シーンから。
清盛は微妙でつまらなさそうな顔なんですが
やっぱりお義母さんには逆らえないんだ
とほのぼのした気持ちでみていました。

で、容姿端麗・頭脳明晰を謙遜なくそうじゃといった
佐藤さん。
うんいや実際主役よりイケメンですが
求めるのが「美」と言った瞬間吹き出しました。
どこまでナルシストなのだ、
と。
しかし、その後彼が
矢は真ん中、歌は言葉の巧みさ全て美しさがあると
言った言葉になるほどこの人も芯のある人なんだと思いました。
確かに歌や文章を作る時にぴたっと綺麗な言葉に出会うと
すっと心が晴れ晴れとしますし、
そういう文は読んでいて気持ちが良いものです。
そうかそういうことかとナルシストレッテル貼って御免と
謝りました。

で、高階さん。
直訴形ですね。
今まで生きてきて、といっても四半世紀を越したぐらいですが、
本気でこの世とか組織を変えるなら私が取る策は一つ。
忠盛さんのように既存の組織でトップに登りつめ
それから変革を行います。
いくら外から喚こうが、負け犬の遠吠えにしか過ぎず、
変化はささいなものです。
現在はマスコミがいるので遠吠えも効果あるかもしれませんが、
あれは操るのは簡単でもその後が予想通りには動かないことも多く
使えないなと思います。
結局外からいくら言っても皮をはがせば
世間は納得して中身が本当に変わったかなんてみないです。
なので高階さん、ああやっちゃった・・・
と苦々しく思っていました。

あ、で海賊退治キター!!
と思っていたら出立式で感動しました。
うわああ、赤い平家軍!!
と。
平家ゆかりの地である音戸にある神社では
白は源氏だからと幣さえ赤い、
白禁制の神社があるそうです。
幣とはよくしめ飾りとか神輿の通り道にある白いだんだんの紙なんですが
それさえ赤くするほど平家=赤なのです。

そして「安芸」の名が!!
うわあ久しぶりに大河で安芸の名を聞いた!!
しかも字幕つき!
実に元就以降10数年ぶり!
ああ、どうせどっかのスタジオで
実際は安芸じゃないんだけど、それでもいい。
それに海賊の跋扈していたのは伊予だから
多分安芸に陣はしいちゃいないと思うけどそれでもいい。
で、鱸丸の忠告ですが
瀬戸内は波こそ穏やかですが潮目の複雑さは
馴れていないとみきれません。
干満の差も宮島で4mと大きく、
多島海のため、岩礁も多くあります。
なので鱸丸がいった事は正しいんですが
しかし、鱸って店でみたことないです。
なんで鱸なんだろうと思います。
だいたい地物は小アジ等のアジ、小鰯、クロダイ(チヌ)等の鯛
なんですが、まあ我が家の食卓なので他は違うのかもしれません。

もとい。
今回家族の話もよかったです。
家盛が連れて行ってもらえず、
でも本当は自分が御曹司なのにという思いがチラッと見えて
後に対立はしなくても、良い子から脱出しつつあるなあ
と。
あと、叔父さんと清盛の話。
憎む一辺倒ではなかったのだなと
その胸に抱えている複雑な思いに
ああ、血が繋がらなくてもというのは
全ての人に当てはまるわけじゃないんだと
池禅尼の話と対比していて
それがああなるのかと思いました。

で、きた!興居島ロケ!
今回海の色が気のせいか鮮やかになっていて
おお!綺麗だ!瀬戸内の海だ!!
と心がわきわきしました。
黄みがかった白い砂と碧い海!
そして真黒に日焼けした人間!
いい!
で、いよいよ呉のおっちゃんが作っちゃった海賊船登場!!
うわあほんまに海賊船じゃあ!
やっぱり海に浮かべてこその船じゃ!
とわいわい深夜のテレビに独りごとを呟いていました。
そしていざ合戦!

ってここで終わるん!??
え、兎丸は?ガチンコ対決は?
ワイヤーアクションは??
と半年前から待っていた名場面はまた今度のようです。
無念。
プロフィール

トロロヅキ

Author:トロロヅキ
主に毛利元就から浅野長勲までの安芸の歴史に関するブログです。初めての方は目次へどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
ブログ村の記事
ブログ村の歴史新着記事一覧です。 他所のサイトに飛びますのでご注意を。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR