FC2ブログ

広島の初雪と深入山・奥匹見峡

先週の土曜日に奥匹見峡まで行きました。
水曜日に初雪が降ったので、
そろそろ石見へ行くのもお終いだなあと思いながらいつもの道を。

戸河内のお弁当屋さんでお弁当を買って
深入山で食べることになったんですが・・・。
遠目からみる深入山が白い・・・。
え?3日前の初雪がまだ残っているの!?
と驚いていると
山の入り口にこんなものが・・・。

PB242001.jpg

はあ?雪!?

まさかの初雪、初積もりを見ました。
そして山の登り口に着くと

sinnnyuuzann2.jpg

斜面の雪は全て溶けていました。
・・・が、よく見ると日向なのに雪が・・・。
やっぱり寒いんだなあと西を向くと

191suki-jyou.jpg

・・・何かすごく雪が積もっている・・・

あれは191スキー場です。
先週の水曜でこれだったので
今日は22cm積もったはずなので
多分今週土曜には人工雪なんてなしで余裕でスキーができそうです。
11月に天然雪でスキー場開き・・・、寒いですね、今年。

こんな寒い外でご飯なんか食べられん!
ということで車内でもぐもぐしました。
戸河内の名物のおふくろ弁当です。

PB241997.jpg

赤い小豆入りのように見えるおにぎりがありますが
これは古代米。
昔というか、古代は赤飯を炊く時にこの赤米を使ったんだそうです。
だから赤いご飯になっていたようですが、
近年は赤米や黒米などの古代米の代用として
小豆やゴマになったと聞きました。

もちっとしておいしいので私は好きです。
県北限定なので時々この古代米料理を食べるお店とかあります。

で、ご飯を食べて
「ゆきだ~!」
とはしゃぐ40過ぎらしきカップルを生暖かい目で見た後
八幡高原へ。

PB242004.jpg

うわ!雪じゃ!
とこの時ははしゃいでいたんですが
今日のニュース見ると戸河内でさえ視界が遮られるほどの雪が降ってました。
・・・ここ現在進行形で、膝下まで積もっていそうです。

そして高原から島根の県境へ。
物凄い坂を下って行ったんですが、
道中雪がなかった・・・。
島根の方が標高が低いせいでしょうか・・・。

そして温泉で紅葉を見ながら
2時間ぐらいのんびりした後に
奥匹見峡へ行きました。

ここが本当に良かった!

hikimikyou.jpg

青空に映える赤が本当に綺麗でした。

hikimikyou2.jpg

この紅葉の絨毯を下ると沢がありました。

hikimkyou3.jpg

・・・手前に赤紫の花がありますが、
つつじです。どうみても。
五月の花のはずなのになんで咲いているんだろうと不思議でした。
背後には滝がありました。

hikimikyou3.jpg

もう少し時期が早ければ、岩に散る紅葉も赤く、
ツタも綺麗だったのかもしれませんが
これはこれで晩秋の風景らしくてよかったです。

散策していると、まだ黄葉している木がありました。

hikimikyou4.jpg

葉が3つ又に分かれている珍しい木でした。
イチョウに負けず劣らず鮮やかな黄色です。
それともう一つ、変わった木が。

hikimikyou5.jpg

拡大すると

hikimikyou6.jpg

南天のような可愛らしい赤い実です。
でも、南天がこんなに大きくなるわけないですし、
葉も鋸歯ではないので柊でもなく、
何の木かはわかりませんでしたが
青い空に赤い実が映えて、
森の中に飾りをつるしたみたいになっていました。

hikimikyou7.jpg

この木の先に行くと清流が。

hikimikyou8.jpg

hikimikyou10.jpg

奥の赤い橋がいい感じでした。
そして駐車場に戻る手前にまた川が。

hikimikyou11.jpg

hikimikyou12.jpg

どうも二つの清流に囲まれた場所だったようです。
そして奥に行くと・・

hikimikyou13.jpg

酷道と書いて国道。
この冬期通行止めの案内表示があるって自体で酷道だろ!
前回の苦い経験からさすがに進まなかったんですが
でも、ここを通ると吉和まで30km。
・・・近道なんですがね。
命は惜しい。
だって、こんな道だし・・・。

hikimikyou14.jpg

うん、熊が出る!
絶対出るじゃろう!!
と断念しました。
命大事にです。

しかし、この道。
ひょっとして陶軍が折敷畑合戦に向かう道じゃなかったのかなと思いました。
というのも、吉見氏討伐軍は須佐に集合!
と号令していたので、津和野攻めは益田から行ったはず。
益田氏は吉見氏のライバルなので
敵の敵は友ということで陶氏の強力な味方です。
益田から大野へ向かうには津和野を通る道かこの国道が早いのですが
津和野攻めで和睦したとはいえ、敵に背を向けて進むことはまずしないはず。
とすれば、益田側に一旦戻って、山代と呼ばれた吉和辺りで人員を集めながら
潮原温泉側に曲がって、186を通り
友田・津田を経由して大野まで進軍。
これが一番すきっとします。

・・・まあ馬なら通れる。か。




結果として匹見峡の紅葉は時期が遅かったんですが
でも綺麗な清流を見れて良かったなあと思いました。

しかし、この写真から4日。
今日のニュースはどこも県北の雪のニュースが流れていていましたが、
仕事場でも、日中なのに雪がどんどん降って
「やばい!積もるかも!」
と冷や冷やしました。
山の上に冠雪した谷間の雪は夕方になっても溶けず、
明日は凍りそうで怖いです。

それと母は買い物先で
「北海道仕様!」
と銘打った可愛いブーツをみつけらしいです。
・・そう、あのジャキン!とスパイクの出るブーツ。
前々から欲しかったのですが、
なかなか広島じゃ売ってなくて困っていたので
今度買いに行きたいなあと思いました。

本当に一気に冬が来たという感じで
3日前まで雪見てはしゃいでいれたのに
もう、雪をみてため息をつくようになってしまいました。
今年はカメムシも多いし、雪がたくさん降りそうなので気をつけたいなあと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

トロロヅキ

Author:トロロヅキ
主に毛利元就から浅野長勲までの安芸の歴史に関するブログです。初めての方は目次へどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
ブログ村の記事
ブログ村の歴史新着記事一覧です。 他所のサイトに飛びますのでご注意を。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR