FC2ブログ

春霞集もとい毛利元就詠草集・発句の部その8~5月の初夏に~

一こえはせめてきかしを郭公

 此みちの口伝のをもしにて切り侍るのみならず
 せめてきかしをにて、一声の残り大きの現れけるにや」

「一声は せめて聞かしを ほととぎず」
歌意
「一声だけ。
 せめてそれだけ聞かせてくれ。
 ほととぎすよ。」
批評
「歌道に伝わる一子相伝の口伝というものがあるのならば
 それを文字にしたかのように見事なもので
 「せめて聞かじを」と倒置法を用いたことで
 一声にこめられた「一回だけでも」という思いを強く表しているなと思います。」


元就さんと鳥といえば
「ホトトギス」
和歌の部からの定番です。
和歌にも同様にホトトギスが鳴くのを今か今かと待ちわびる。
 「 山里は 聞きらん物を杜宇 うちねぬ空に侍ぞ侘びぬる
   
   足引きの 山のはつかに子規ただ一声きくとしもなし

   ねぬる夜に ただ一声の子規 夢かさめてかかすかなるそら
   
   五月雨のはれまの空の月よりも わか待わふるほととぎす哉

   あやなくも いくみしかよを子規待と計にあかしはつらん

という和歌と同様に,ここの発句でも同様に
ホトトギスの鳴き声を待つ気持ちが込められています。

連歌の発句ですから、夜更けにみんなでお寺にでも籠って
連歌の会でも開いていて、その時に詠んだものかなあと思います。

それから里村さんが絶賛している
「せめてきかしを」
ですが、「聞かし」の「し」は強意の「し」で。
是が非でもという思い。
倒置法ににすることで確かに「一声」が際立っているなあと思います。

かほり来て袖ひく澤のあやめ哉

 あやめをこそひくへきに。
 袖のひかるるかほり。
 めつらしきかな。」

「かほり来て 袖ひく沢の あやめかな」
歌意
「かおりが私を尋ねに来て
 袖を引っぱるものだから
 行くと沢のあやめが呼んでいたんだ。」
批評
「あやめの花が目をひく
 というのが習いでしょうが、
 袖のひかれる香りというのは
 面白いですね。」


うん!面白い歌です!
香りに袖を引かれてってあたりが
ちっちゃい子に「ねえねえ。」と袖をひっぱるように
連れていかれているような感じでいいなあと思います。

ただ、あやめの花はそんなに匂うものではないので
控え目に誘っているのではないのかなあと思いました。

発句の部その7 野山の桜

      その9 梅雨と暑中
スポンサーサイト



プロフィール

トロロヅキ

Author:トロロヅキ
主に毛利元就から浅野長勲までの安芸の歴史に関するブログです。初めての方は目次へどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
ブログ村の記事
ブログ村の歴史新着記事一覧です。 他所のサイトに飛びますのでご注意を。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR