FC2ブログ

「0円で空き家をもらって東京脱出!」の感想

今回の本屋大賞(広島限定)。
竈さらえなどなかなかよい本そろってるんですが
中でも、私の周りで評価が高いのがコレ。

0円で空き家をもらって東京脱出!
というマンガです。

今話題のUターンを基にしたノンフィクションマンガ
とかいうと固っ苦しいイメージしますが
全然そんなことはなく、
作者の巻き込まれ人生と
「よっしゃ!いこ!やろ!」

といざって時のぶっとび具合がよくて
一冊読み切ると、心がすかっと爽快になる本です。

作者は題名通り、東京で働く方。
でマンガ家とはいえ年収も低く
たまたま知り合いが尾道に移住していたことから
Uターンについて色々聞くのですが
最初は
「ふ~ん。ま、でも東京を離れるのはなぁ・・」
という感じで、そこまで積極的ではないのですが
色々とあって吹っ切れて、尾道に移住してきます。
彼女付きで・・・。

そこからがぽんぽんと色々進むのですが
今までと違うのは、きちんと
Uターンや古民家リフォームの問題もリアルに書いていること。
うわあ・・・ってこともあるんですが
それを全て笑いで読めるのです。
多分、相当大変思いをされたと思うのですが
作者の方は根底がポジティブな方なのか
体験全てがリアルなのに、面白くていい味してるのです。

尾道に住む人々や
同じUターン仲間の人たち、
持病をかかえながらも
次々にアイデアを生み出しては
ぽんぽん実行して、突き進む力。
アラサーというと守りに入る人が多いのに
失敗するなんて誰も恐れずに
やりたいことをしていく姿が
ちょいとまぶしくて羨ましくなりました。

中には「あなごの寝床」とか
ああ!尾道の旅番組でかならずでてくるあそこか!!
とか、多分全国放送でも何度か出てきている有名な場所が
どうやって再生されたのか。
そこには解体作業の大変さが
所々入っていて、そこもまた
綺麗事ではないUターンの現実も描かれているなあと思いました。

そして、ラスト。
ああ、これはマンガだけど
現実のことなんだ!
と改めて作者の人生は今もまだ続いていて
その後を追いたくなりました。

天気が良くなったら尾道に行きたい。
そう思わせる一冊です。
スポンサーサイト



プロフィール

トロロヅキ

Author:トロロヅキ
主に毛利元就から浅野長勲までの安芸の歴史に関するブログです。初めての方は目次へどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
ブログ村の記事
ブログ村の歴史新着記事一覧です。 他所のサイトに飛びますのでご注意を。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR