FC2ブログ

「吉見氏VS益田氏」感想

2月9日に益田で開かれた「戦国の両雄激突 益田VS吉見」のシンポジウムに行って参りました。
秋に「益田氏」関連の展示が開かれるみたいなので
感想をあげときます。

まずは基調報告をされた中司さんのお話。
パワポ全てがカラーコピー。
これだけでも凄い資料でした。

で、益田さんと吉見さんですが
益田さんはもう地元の方もかなり詳しく御存じなので
今回はライバル吉見さんに焦点を当てつつ
両家の対立について講演されてでした。

・・・私の中で吉見さんと言えば広頼さんなんですが、
妻にも,頼りにしていた長男にも先立たれ,
長男の嫁にも先立たれ,娘たちも先立ち,
当主になった次男は出奔するし,
何とか養子を迎えて家を継がしたのに断絶。
方や、ライバル益田さんは最終的に
長州藩永代家老として幕末まで家名を存続。
日本史の教科書にも名前が残るほどなのに・・・。

と、吉見さんは終始益田さんに押されっぱなし
なのかと思っていたら全然違いました。

まずは益田さんと吉見さんの比較。

まず、益田さんは地元石見の根っからの武将。
源平合戦以前からの石見国人なんだそうです。
西国は平家になびいたものが多いので
根っからの地元国人は少なく,
安芸はほとんど西遷御家人なんだと秋山先生が仰ってでした。
あと、地元なので庶家も結構広がってます。
庶家は割と反抗的で,三隅・周布は結構自由に生きてます。
幕末に名前をよく聞く周布政之助も周布一族

対して吉見さんは源頼朝の弟・範頼の子孫
いわゆる西遷御家人で,津和野を中心として根付きます。
西遷御家人の割に、地元に根付いて影響力もあったらしく
そもそも何で津和野に来たのかも不明なんだそうです。
ただ、範頼の子孫であるのは詐称ではなさそうだと
後のディスカッションで他の先生が仰ってました。

・・・範頼さん、地味に安芸にも痕跡があるんですよね。
兄の義経は海路を行きましたが、
弟・範頼はどうも陸路で平家追討をしていたらしく
山陽道沿いにいくつか伝承が残っています。
それこそ近所の大塚には範頼が休息に腰かけた岩が伝わっていますし
佐伯区臼山八幡神社は陣所として伝わっています。

で、両者の対立ですが、私はてっきり戦国時代に入ってから
大内さんとこでやりあったぐらいから
と思っていたら意外と根深くて驚きました。

初見の資料は応永32(1425)年頃
吉見氏は能登に本家がありました。
本家から独立しようとした木部(石見吉見)の衆が
山名氏や大内氏の力を借りて独立します。
が、その時に既に高津川の中流まで領地を伸ばそうとしてらしく
益田と吉見の間で紛争があったことが分かるんだそうです。

・・・・。江戸初期(慶長18年)までと考えれば
200年近くに渡る抗争
最終的には益田さんと吉見さんは婚姻するので
和睦したと言えばそうなんですが、長い戦いだったんですね。

続く応仁・文明の乱も,
東軍に吉見氏、西軍に益田氏と対立。
乱の後の大内氏内部でも
陶・益田VS吉見となり
吉見氏は大内氏と婚姻を結ぶことで対抗。
大寧寺の変で陶が下剋上を行うと
陶・益田で吉見攻めを開始。
ところが,厳島合戦で陶晴賢が破れ,
勢力図が大きく変わります。
益田さんは日本海側に勢力を伸ばし,
萩の辺りまで領地拡大していました。
ところが今度は吉見さんが反撃開始。
一気に山口まで進撃したようです。

・・・毛利が山口に入るまで意外と時間がかかっていて
入った時にはすでに山口の都は落ちていたという記録があり
内部争いで自滅したのかなと思っていたんですが
吉見さんが先に入っていたのかと納得しました。

で、吉見さんはそのまんま今度は萩方面から日本海側をぐるっと遠征。
益田さんは尼子攻めに向かう毛利氏と協定を組みます。
・・・ああ、例の元春が勝手に同盟組んで、元就さんに怒られていたアレですね。
「俺は、親父の言うことをきちんと聞いてたんだぞ」
って元春は広家説教状に書いてますけど、
結構勝手なことして怒られてますよね・・・と思います。
元就さんが怒ったのは、先に同盟を組んでいた吉見さんの心情を考えたから。
下手したら後の宇喜多・三村のようになるので、
仇敵同士をそのまんま陣営に組み込むってかなり無謀な事。
元春としては、孤立無援な益田を放っておけなかったんでしょうが・・・。

とはいえ、吉見有利な状態には変わりない。
須佐だけは攻め込まないように頼んでいたんですが
結局占拠され、周防北部は全て吉見氏の領地になりました。
この時期の毛利氏とほぼ同じぐらいの勢力です。
なので吉見さんが戦国大名化することも可能だったんですが
そうはならなかったのが歴史の不思議。
大内の旧領も、大内義隆さんとこの血筋考えると
養女と結婚した隆元よりも、姉と結婚している吉見さんのほうが
よっぽど近いんですが・・・・。

・・・まとめとして「吉見さんTUEEE!」でした。
さすがは益田さんのライバル!
強敵だったんじゃなあと考えを改めました。
それと吉見さんの行動理念は「海に出たい」
吉見さんとこは材木が資源。
昔は切った木を川を使って運搬してましたが、
川はただではありません。
川下で関税掛けられてしまうので、どうしてもいざこざが起きる。
だから海まで領地を広げたかったんじゃなあと思いました。

次に源氏物語「大島本」のお話でした。
京都歴史文化博物館の長村さんのお話でした。
以前、戦国時代展でお邪魔した博物館じゃと聴講してました。
源氏物語の大島本は現在日本で一番よく読まれている写本
・・・センター試験とかに出てくるのもこの大島本が元になってます。
この源氏物語の「大島本」は吉見さんが持っていたようで
注釈もしているんだそうです。
津和野はかなり奥まった場所なのですが
吉見氏の文化の高さを伺えるんだそうです。
何で、吉見さんが持っていたのか、いくつか流路が考えられ
大内さんが飛鳥井家より貰ったものが吉見さんとこに渡ったか
そもそも吉見さんは京都に伝手があったのでそれ経由だったのか。
それが何で佐渡が島に渡ったのかも謎。

ただ、吉見さんの手にあったのは事実で
「吉見正頼」の印が本の裏にでかでかと押されています。
どれぐらい大きいかというと、掌サイズ
しかも篆刻の文字ではなく、漢字そのままなので
恐らく本人手彫りでしょうと仰ってでした。
・・・よっぽど嬉しかったんでしょうか。
俺の物感が半端なく強いです。

正頼さん、基本持ち物には名前を書きたいタイプらしく
自分が彫った琵琶の内側にも名前書いてるし
木彫りの花押印を自ら彫って押しているし、
かなり主張しています。
そのおかげで石見の文化について知れるので、
ありがとう吉見さんでもあるわけですが・・・。

で、グラントワの学芸員さんが吉見さんの文化財について
お話されてでした。
写真が多かったのであまりメモできなかったんですが
雪舟関係のものが吉見さんとこにはないのが印象的でした。
大内さんと仲が良いはずなんですが。

そんな感じでその後はパネルディスカッションでした。
興味深い話も色々とあってあっという間の1時間でした。
秋の展示で今回の話が出てくると思うので
今から楽しみです。


スポンサーサイト



プロフィール

トロロヅキ

Author:トロロヅキ
主に毛利元就から浅野長勲までの安芸の歴史に関するブログです。初めての方は目次へどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
ブログ村の記事
ブログ村の歴史新着記事一覧です。 他所のサイトに飛びますのでご注意を。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR